2008年11月27日

アニマルセラピーってスゴイ!!

11月15.16日の2日間、アニマルセラピーの講習会を開催しました!
ジャパンボカランドッグトレーナーズスクールの本校の校長であるテオ・マリスカル氏を迎えての、かなーり本格的な内容で、とっても勉強になりましたGood

日本では、アニマルセラピーの分野は遅れていて、まだまだ「ふれあい」や「癒し」の枠からなかなか発展していませんが、テオさんが世界各国で実施しているアニマルセラピーはまるで別物ひらめき

テオセミナー1.jpg  テオセミナー2.jpg


発達障害児や統合失調症患者のコミュニケーションの改善などに、すばらしい効果を発揮しているらしいです犬(笑)
実際の様子もビデオで見せてくれ、特に印象に強かったのは、脊髄損傷の7才の男の子の例でした。
その男の子は、以前はリハビリを受けようとしてくれなかったのですが、犬と一緒にリハビリをするようになってからリハビリを進んでするようになりました!ビデオでも、色んな障害物を腹ばいで楽しそうに乗り越えていく姿は、リハビリ・・・というより、まるで楽しそうに遊んでいるだけのよう。
設定は、先導役のワンコのしっぽを触れば、後から追いかけてくるゴジラ役のワンコから逃れられる、というもので、後ろから追いかけてくるゴジラ役のワンコにつかまるまいと、男の子は必死に逃げていました。
その様子は、その場にいた大人たち(トレーナー、セラピスト、意志たち)全員が楽しそうでした顔(笑)
テオさん曰く、セラピーを行うときに大切なのは、笑顔を忘れず楽しい雰囲気で行うこと!だそうです。

うむ。納得ヤギ

こういったセラピーで使う犬たちは、適正のある犬に特別なトレーニングをしています。
それこそ役目は違えど、盲導犬や介助犬レベルのトレーニングが必要だそうです。

いつか日本にもアニマルセラピーの治療院、つくりたいなー顔(イヒヒ)

ニックネーム JSDOスタッフ at 12:56| Comment(0) | J.S.D.O.のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント