2006年05月29日

続:桃太が幸せになるまで・・・。

こんにちは〜犬(笑)
桃太が捨てられてから、あったかい家族に引き取られるまでの軌跡を綴ったお話の続きです。

というわけで、平野警察から引き取った2匹のうち当初ペキニーズ??と思われたきちゃない方(桃太、桃太ママさんごめんなさい・・たらーっ(汗))が現・桃太ですexclamation×2
ちゃんとした名前がつくまで、ペギーと呼んでいました。(シーズーの方はシーちゃん)

引き取った次の日、毛玉に包まれていた全身の毛をバリカンでガーっと剃り、お顔の毛もカットしました。
資金節約のため、スタッフ(ぺギーをやったのは私ですたらーっ(汗))が見よう見まねでチョキチョキやったのでお世辞にも上手とはいえませんが、最初よりはかわいくなりました揺れるハート(と思います。)

桃太保護時.jpg


カットしたあとは桃太ペギーの変身振りに、「本当はかわいかったんだー。」と、スタッフ達からの評判も上々でした顔(笑)

まもなくワクチンや健康診断を済ませ、JSDOの活動のひとつである「ニート社会復帰プログラム」への参加が決まり、奈良県室生区の「若者自立塾」に旅立つことになりました。

ちょうどそのころ、このプログラムが始まったばかりだったのでニート君たちがどれだけ犬のことに前向きに取り組んでくれるだろう・・・。と不安でした顔(汗)
このプログラムは、ニートの社会復帰だけでなく保護した犬のお世話やトレーニングをニートに教えながらやってもらい、保護犬の社会復帰も目的としているのです犬(足)

すぐにペギーとシーちゃんの担当ニートさんも決まり、自立塾での生活がスタートしました。
室生のスタッフとニートたちが、ペギーがロブ、シーちゃんがテケテケと、新しい名前をつけてくれました。
が、ロブはいいとしてテケテケって・・・。うーん、あんまりかわいい名前じゃないけど顔(チラッ)ま、いっか。
(私が名前をつけるときはいつも悩みに悩んで、かわいい名前をつけてあげるようにしています。なので、他のスタッフが適当につけた名前は、もっと愛のある名前にしろーむかっ(怒り)と、却下してかえさせています顔(ペロッ)

桃太おさんぽ.jpg


で、ロブの担当さんがオスワリすらできなかったロブにスワレ、フセ、マテ、コイなどの基本的な指示を見る見るうちに教えてくれました。
正直、ニートたちをなめていました。
彼らは私の想像以上にやってくれましたClap
特にロブの担当さんとロブは息ぴったりで、ロブも担当さんのことを飼い主かのようになついていました。


 
桃太コ生.jpg   


が、ある日のこと事件はおきました。

・・・続きはまた今度Hello


ニックネーム JSDOスタッフ at 16:35| Comment(2) | 金林の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぎゃーっ。ココで終わられたら気になる(><)
早く続きをぉぉぉ!!!
Posted by まい at 2006年05月30日 11:16
いつもコメントありがとうございます!!
デューくん、ケージで良い子に寝ています。・・・と思いきや起きていました。
でもおとなしく、おりこうさんです。
Posted by まいさんへ。金林です。 at 2006年05月30日 14:11